Go to Contents Go to Navigation

韓国・井邑産の種なしスイカ 日本への輸出が好調

記事一覧 2016.08.02 16:26

【井邑聯合ニュース】韓国南西部、全羅北道井邑市は2日、今年上半期に日本に輸出した特産品の種なしスイカが前年同期比2.3倍増の40トンを記録したと明らかにした。

 今年下半期の輸出量として90トンを予定していたが、日本での反応が良いことから128トンに増やす。

 同市は種なしスイカをアピールするため福岡と東京で販促イベントを行う。

 日本に輸出されるのは井邑市産地流通センターで厳選された重さ6~8キロ、糖度11度以上の高品質品。

 このスイカは昨年、スーパーの物流共同化などを手掛ける日本のCGCグループの福岡流通店舗5カ所で販売された。

 同市の種なしスイカは、生育過程で種ができないように改良され、食感が良いため料理にも利用できる。

 市の農業技術センター関係者は「輸出用スイカを病気や害虫から守り糖度を上げるため集中的な技術支援を行ってきたおかげで、日本の消費者から好評を得た」と話した。

 また、下半期からミニトマト20トンも一緒に輸出されることになったと伝えた。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。