Go to Contents Go to Navigation

中国の報復措置「注視」 円満な解決へ努力=韓国外相

記事一覧 2016.08.05 15:29

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は5日、記者団に対し、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍への配備に中国が強く反発し、「報復措置」への懸念が浮上していることに、「非常に綿密に注視している」と述べた。

 尹長官は「予断せず、韓中関係の大きな枠組みの中で円満に克服できる方向で努力する」と強調。「THHAD問題についてはこれまで中国側にわれわれの立場を説明してきたことに基づき、今後ともはっきり、堂々と説明していく」との姿勢を示した。

 また、「韓中関係であれ他国との関係であれ、問題があるたびにあまりにも敏感に反応するよりは、一つのフロー(流れ)という側面で意思疎通を図り、さまざまな契機を通じてわれわれの考え方を明白に伝え、相手を理解させる過程が続けられると思う」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。