Go to Contents Go to Navigation

中国の台頭に危機感 車メーカーに積極投資を訴え=韓国担当相

記事一覧 2016.08.17 16:27

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の周亨煥(チュ・ヒョンファン)長官が17日、ソウル市内のホテルで開かれた韓国自動車メーカーCEO(最高経営責任者)の懇談会に出席し、新産業分野への積極的な投資を呼びかけた。

 周長官は「電気自動車(EV)市場を主導する中国メーカーの急浮上など世界自動車産業のパラダイム(枠組み)が根本的に変化している」と指摘した上で、業界も韓国自動車産業の将来の競争力を確保し雇用創出のため努力してほしいと述べた。

 韓国メーカーは今年1月から7月までの生産(台数基準)と輸出が前年比でそれぞれ6.2%、13.7%減少した。

 周長官はEVや燃料電池自動車の発展戦略などこのほど政府が発表した支援策を説明し、CEOたちに積極的な活用を促した。

 これに対しCEO側は将来の自動車産業に対する投資や新車の発売などを積極的に推進していく意向を示した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。