Go to Contents Go to Navigation

在日米軍海兵隊トップが韓国・延坪島視察 北朝鮮をけん制

記事一覧 2016.08.25 16:16

【ソウル聯合ニュース】在日米軍海兵隊トップのニコルソン米第3海兵遠征軍司令官(中将)が25日、黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)に近い韓国の延坪島を訪問した。韓国海兵隊が明らかにした。

 沖縄に駐屯する第3海兵遠征軍は有事の際に朝鮮半島に派遣される米軍の増援戦力だ。同軍の司令官が黄海の最前線の西北島しょを訪問したのは今回が初めて。

 韓国海兵隊はニコルソン氏の延坪島訪問について、韓米が現在行っている定例の合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)の期間中に発生し得る北朝鮮の挑発を抑止するためのものと説明した。

 ニコルソン氏は韓国海兵隊の李相勲(イ・サンフン)司令官(中将)と連合防衛力の強化策を議論した。

 双方は西北島しょで発生する非常事態に備え、リアルタイムで情報を共有することで一致したほか、有事の際の米海兵隊による具体的な戦力支援策についても話し合った。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。