Go to Contents Go to Navigation

食事接待の上限 原案の2700円維持=韓国で来月施行

記事一覧 2016.08.29 19:26

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は29日、公務員やメディア従事者、私立学校教員らへの食事接待や贈り物、慶弔費の上限を厳しく定めた「不正請託および金品など授受の禁止に関する法律」の施行を控え、関係機関の次官会議を行った。食事接待の上限は3万ウォン(約2700円)、贈り物は5万ウォン、慶弔費は10万ウォンとした原案を維持することを決めた。

 農林水産食品部や海洋水産部、中小企業庁などは関連業種への悪影響が懸念されるとして、上限を引き上げるよう求めてきたが、受け入れられなかった。

 国務調整室は公正でクリーンな社会づくりに向けた社会的な努力が必要として、原案を維持することにしたと説明した。

 同法は制定を訴えた政府組織、国民権益委員会の委員長(当時)の名前を取って「金英蘭(キム・ヨンラン)法」とも呼ばれる。来月6日にも閣議決定される見通しだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。