Go to Contents Go to Navigation

国連安保理 10日未明に緊急会合=北朝鮮核実験受け

記事一覧 2016.09.09 14:17

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が5回目の核実験を強行したことを受け、国連安全保障理事会は9日午後(日本時間10日未明)に緊急会合を開催し対応を議論する。韓国外交部当局者が伝えた。

安保理理事会会合の模様(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国と米国、日本の3カ国は北朝鮮が核実験を実施したことに関し、共同で安保理に緊急会合の招集を求めていた。

 安保理は今回の緊急会合で報道機関向け声明などの形で核実験を非難する立場を示した後、追加制裁決議について本格的な議論に入ると予想される。

 韓国と米国は年初に北朝鮮が4回目の核実験を行ったことを受けて採択された安保理決議第2270号を上回る強力な制裁決議を推進するとみられる。

 ラオスを公式訪問中の朴槿恵(パク・クネ)大統領は核実験直後にオバマ米大統領と緊急電話会談を行い、安保理での新たな決議採択を含む全ての手段を用いて北朝鮮が核を放棄するよう圧力を強化していくことで一致した。

 ただ、安保理常任理事国の中国とロシアが新たな制裁決議をめぐってどのような反応を見せるかが鍵となりそうだ。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。