Go to Contents Go to Navigation

米原子力空母 韓米合同海上訓練参加へ

記事一覧 2016.09.11 11:14

【ソウル聯合ニュース】米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンが来月10~15日に黄海と済州島沖で実施される韓米合同海上訓練に参加する。韓国軍関係者が11日明らかにした。

 韓米両軍は同訓練で、有事の際に北朝鮮の指揮部を含め主要施設を精密に攻撃する訓練を集中的に行う計画だ。

 ロナルド・レーガンは昨年10月に釜山沖で行われた韓国海軍の観艦式と東海上で実施された韓米合同訓練に参加した。

 米国がロナルド・レーガンを韓国に派遣するのは5回目の核実験を強行した北朝鮮が新たな挑発に乗り出す場合は強力に対応する姿勢を誇示するためとみられる。

 韓国軍関係者は「北の5回目の核実験により核の脅威が現実化した。韓米両軍は有事の際、北の主要施設を破壊する能力を強化し、抑止力を高める」と強調した。

昨年10月に行われた韓国海軍の観艦式に姿を見せた原子力空母ロナルド・レーガン=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。