Go to Contents Go to Navigation

13日早朝まで余震166回 しばらく続くことも=韓国

記事一覧 2016.09.13 08:50

【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁の関係者によると、12日午後8時32分に南東部の慶尚北道慶州市を震源とするマグニチュード(M)5.8の地震が発生した後、13日午前5時までに166回の余震が観測された。

 2.0~3.0の余震が153回、3.0~4.0の余震が12回、4.0~5.0の余震が1回だった。

 この関係者は「余震が数日、または数十日続くこともあり得る。いつ終わるか予測することができない」と述べた。

気象庁の地震関連資料(気象庁提供)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。