Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮「死者・行方不明者は数百人」 北東部の洪水被害

記事一覧 2016.09.14 15:10

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央放送は14日、「8月29日から9月2日にかけて(北東部の)咸鏡北道地域を襲った台風(10号)による洪水被害は(1945年の日本による植民地支配からの)解放後、初めてとなる大災害だった」と報じた。また、死者・行方不明者などの人命被害は数百人に上り、約6万8900人が住む場所を失ったとした。

北朝鮮の洪水被害の様子=(聯合ニュースTV)

 今月6日、北朝鮮の朝鮮中央通信は台風10号の洪水被害による死者は60人、行方不明者は25人と伝えていた。

 朝鮮中央放送は、中朝国境沿いに流れる豆満江が氾濫し、一部地域に甚大な被害が出たと説明した。さらに、被災地の道路の約180カ所と約60の橋が破壊され、鉄道の路盤が流失して列車の運行も中断されていると伝えた。

 同放送は、朝鮮労働党中央委員会などにより中央指揮部、現場指揮部が設置されたと明らかにした。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。