Go to Contents Go to Navigation

李承ヨプ 韓日通算本塁打600本を達成

記事一覧 2016.09.14 15:27

【大邱聯合ニュース】日本の巨人などでプレーした韓国プロ野球、サムスンの李承ヨプ(イ・スンヨプ、40)が14日、南東部・大邱で行われたハンファとの試合で韓日通算本塁打600本を達成した。

600号本塁打を放ちグラウンドを走る李承ヨプ=14日、大邱(聯合ニュース)

 1―0でリードしていた2回裏、右フェンスを越えるソロアーチを放った。韓国で14シーズン、日本で8シーズンをプレーし、1軍舞台で打った600本目の本塁打となる。

 1995年にプロ入りした李は2004年に千葉ロッテに入団。11年まで巨人、オリックスでも活躍し、日本で通算打率2割5分7厘、159本塁打、439打点を記録した。

 サムスンに復帰し、13年には韓国プロ野球最多となる352号本塁打を放った。今月7日には韓国球界史上8人目となる通算2000安打を達成した。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。