Go to Contents Go to Navigation

韓国でお茶ブーム スターバックスなども市場に参入

記事一覧 2016.10.02 12:46

【ソウル聯合ニュース】韓国でお茶をベースにした飲み物が人気を集めている。コーヒー専門店もお茶を使った新製品を発売するなど、市場に続々と参入している。

 大手チェーンのスターバックスは先月6日、お茶のシリーズ「TEAVANA」を発売した。グリーンティーラテなどの飲み物や茶葉のセットをそろえた。同社関係者は「1日に10万杯、売れ続けている」と話す。

スターバックスの「TEAVANA」(同社提供)=(聯合ニュース)

 同じくコーヒー専門店のドロップトップは「フルーツハーブティー」3種を発売した。同社関係者は「お茶を使ったメニューが最近人気を集めていることから製品を企画した。特に20~30代の女性客から支持されると思う」と期待を示した。

 台湾茶・台湾ティー専門店のGong cha(ゴンチャ)はパウチ入りのお茶を発売した。加工を最低限にとどめることで香りと味を引き出した茶葉をパウチに入れたもので、牛乳と砂糖を加えてミルクティーにして飲むことができる。お茶市場の拡大を追い風に、同社は昨年の売上高が前年比11%増加した。 

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。