Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮「先制攻撃方式に転換」 米の核脅威に対抗

記事一覧 2016.10.05 13:49

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は5日「米国の核の脅威に対抗しわれわれの軍事的対応方式は先制攻撃方式に転換された」と主張した。

核やミサイルのイメージ=(聯合ニュースTV)

 同紙は「われわれの核攻撃手段は、任意の時間に米国の頭上に恐ろしい大目玉を食らわす万端の戦闘動員態勢を整えている」と強調した。

 また、このほどカーター米国防長官が北朝鮮とロシアの奇襲的な核攻撃に備え次世代核兵器の開発など核戦力の近代化を推進すると表明したことに強く反発した。

 同紙は別の論評で、韓米海軍が先月26日に東海で行った連合訓練について「南朝鮮(韓国)傀儡(かいらい)が米国と野合し、われわれの面前で露骨に核戦争の挑発策動を行っている以上、われわれの軍事的対応措置はより先制的でより攻撃的になる」とした。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。