Go to Contents Go to Navigation

サムスン「ノート7」 最新スマホで最も電磁波の吸収率低い

記事一覧 2016.10.06 10:23

【ソウル聯合ニュース】韓国電子業界によると、このほど米IT専門サイトのCNET(フランス版)が、フランスで販売されているスマートフォンを調査した結果、サムスン電子の新型スマホ「ギャラクシーノート7」の電磁波の比吸収率(SAR)が0.249ワット毎キログラム(W/Kg)で、最も低かった。

ギャラクシーノート7のブルーコーラルモデル(サムスン電子提供)=(聯合ニュース)

 電磁波のSARは、人体1キロあたりに吸収される電磁波のエネルギー量を示したもの。SARが低いスマホの多くはギャラクシーシリーズだった。

 「ギャラクシーS7エッジ」が0.264W/Kgで2位、「ギャラクシーA5」(2016年型)が0.29W/Kgで3位に入るなど、トップ10のうち7製品がサムスンの製品だった。

 一方、SARが高かったのは、中国・華為技術(ファーウェイ)の「オーナー8」で1.5W/Kgだった。

 サムスンのライバルである米アップルの「iPhone(アイフォーン)」シリーズは、「アイフォーン7」が1.38W/Kgでワースト3位、「アイフォーン7プラス」が1.24W/Kgでワースト4位と、SARが最も高い10製品のうち5製品を占めた。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。