Go to Contents Go to Navigation

台風から3日目 現代自の蔚山第2工場が生産再開へ

記事一覧 2016.10.07 08:39

【蔚山聯合ニュース】韓国南東部の蔚山にある現代自動車の蔚山第2工場が、7日午前9時から生産を再開する。5日に韓国南部を襲った台風18号の影響で浸水し、同日午前11時ごろから操業を停止していた。

台風の影響で浸水していた蔚山第2工場(提供写真)=(聯合ニュース)

 同工場はスポーツタイプ多目的車(SUV)「サンタフェ」や小型セダン「アバンテ」を生産している。

 工場内に流れ込んだ土砂混じりの水を除去するのに手間取り、6日夜にようやく試運転にこぎつけた。現在、最終的な安全点検を行っている。

 蔚山工場では小型車「アクセント」やスポーツ車「ベロスター」を生産する第1工場も浸水し、5日午後0時~3時に生産を一時中断した。また、同工場の出荷センターで数十台が水につかり、納車ができなかった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。