Go to Contents Go to Navigation

韓流コンテンツの海外進出拡大を支援へ=韓国機関

記事一覧 2016.10.12 14:20

【ソウル聯合ニュース】韓国放送広告振興公社(KOBACO)は12日、文化コンテンツ専用ファンド「KBS-韓国産業銀行(KDB)文化隆盛ファンド」に100億ウォン(約9億2000万円)を出資すると発表した。

韓国放送広告振興公社(資料写真)=(聯合ニュース)

 今後、投資が行われる韓流コンテンツの企画段階から参加し、海外進出を希望する有望な中小企業に対し海外での広告、マーケティングを支援する方針だ。

 同ファンドは韓国のコンテンツ産業を活性化し、海外に韓流コンテンツを持続的に広めるために設立された。

 KOBACOはこのファンドを通じ海外市場の韓流コンテンツ専用プラットフォームを構築し、ウェブドラマ、ウェブムービーなどデジタルコンテンツの制作にも投資する計画だ。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。