Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の核無力化体系構築 20年代初めに前倒しへ=韓国

記事一覧 2016.10.18 10:33

【ソウル聯合ニュース】韓国政府と与党セヌリ党は18日、防衛力増強に関する会議を開き、北朝鮮の核とミサイルを無力化するための韓国軍「3軸体系」の構築を2020年代半ばから20年代初めに前倒しすることで合意した。3軸は北朝鮮の核・ミサイル発射の兆候を事前に察知して先制攻撃する「キル・チェーン」、発射されたミサイルを迎撃する「韓国型ミサイル防衛(KAMD)」、北朝鮮が攻撃してきた場合に指導部などに報復攻撃を行う「大量反撃報復(KMPR)」。

会議で発言するセヌリ党の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)院内代表=18日、ソウル(聯合ニュース)

 また、セヌリ党は原子力潜水艦の早期導入を積極的に推進するよう要請し、政府は慎重に検討するとした。

 会議では北朝鮮の新型300ミリロケット砲や高度化したサイバー攻撃に対応するための能力も早期に備えることにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。