Go to Contents Go to Navigation

韓米の「ノート7」ユーザー サムスンに損害賠償請求

記事一覧 2016.10.19 11:03

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が発火問題が起きた新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の生産・販売を打ち切ったことで被害を受けたとする消費者が、サムスン電子を相手取り損害賠償を求める訴訟を起こし始めた。韓国の消費者は近くサムスン電子を提訴する予定だ。米国ではすでに訴訟が起きている。

ギャラクシーノート7の広告も姿を消した。左は11日のソウル市内、右は14日の同じ場所=(聯合ニュース)

 韓国のある法律事務所によると、19日午前9半現在、57人の消費者が訴訟に参加する意向を示している。サムスン電子に1人当たり30万ウォン(約2万8000円)の損害賠償を求め、24日にソウル中央地裁に提訴する予定だ。

 これら消費者は最初の製品購入、バッテリーの点検、新しい機器への交換、別の機種への交換と、4回もショップを訪れたと指摘。こうした訪問と機器交換に要した時間、製品使用への不安と信頼感の喪失という精神的なショックに対する賠償が必要だとする。また、サムスン電子が早まって原因を結論付けた点も批判した。

 この法律事務所は24日に裁判所に訴状を提出した後も、訴訟に参加する人を引き続き募るという。

 米国ではネバダ、ペンシルバニア、カリフォルニアの各州のギャラクシーノート7ユーザー計3人が16日(現地時間)に、サムスン電子の米国法人を相手取った訴訟をニュージャージーの地方裁判所に起こした。リコール発表を受け機器の使用をやめたにもかかわらず、サムスン電子が機器の代金などを請求したと主張した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。