Go to Contents Go to Navigation

韓国製機動ヘリ 半年以内の初輸出を示唆=航空宇宙産業社長

記事一覧 2016.11.03 18:19

【ジャカルタ聯合ニュース】軍用機の製作などを手掛ける韓国の防衛産業大手、韓国航空宇宙産業(KAI)の河成龍(ハ・ソンヨン)社長は2日(現地時間)、インドネシア・ジャカルタで開かれた国際防衛産業展示会で聯合ニュースのインタビューに応じ、「半年以内に具体的な成果が出ることを期待する」としながら、初の韓国製機動ヘリコプター「スリオン」の輸出が秒読み段階に入ったことを明らかにした。

訓練を行うスリオン(資料写真)=(聯合ニュース)

 KAIは現在、インドネシア、タイ、イラクとスリオン約30機の輸出をめぐり協議している。

 河社長は初のスリオン輸出先について「東南アジア地域になるだろう。これを皮切りに今後20~30年でスリオン500~600機を海外に輸出するのが目標だ」と話した。

 スリオンは2006年に始まった韓国製機動ヘリ開発事業で開発され09年に試作機が完成、10年に初飛行に成功した。

 一方、河社長は13年に韓国軍が次期戦闘機の機種にF35を選定した際、朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友の民間人女性、崔順実(チェ・スンシル)氏が介入したとする疑惑が浮上していることについて、「そうしたことは当時を振り返ってみて、起こり得ないことではないかと思う」と述べた。

インタビューに答える河社長=3日、ジャカルタ(聯合ニュース)

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。