Go to Contents Go to Navigation

韓日の商工会議所 仁川で経済協力策を議論

記事一覧 2016.11.08 09:00

【ソウル聯合ニュース】大韓商工会議所と日本商工会議所が8日、仁川市内のホテルで「韓日商工会議所首脳会議」を開き、両国の関係者約30人が出席した。

 大韓商工会議所からは朴容晩(パク・ヨンマン)会頭(斗山グループ会長)をはじめ、現代自動車の鄭鎮行(チョン・ジンヘン)戦略企画担当社長、NXP半導体の申博済(シン・バクジェ)会長、大韓航空の智昌薫(チ・チャンフン)社長など16人が参加した。

 日本側からは三村明夫会頭(新日鉄住金相談役名誉会長)をはじめ、仙台商工会議所の鎌田宏会頭、福岡商工会議所の礒山誠二会頭、愛知産業の井上裕之会長など10人が参加した。

 朴会頭は世界の貿易市場は減速しているものの、新興国のインフラ開発では機会が多く残されていると指摘。その上で、「韓日の経済協力を先端インフラまで拡大すれば、両国が新しい動力を得て新興国の発展にも寄与するだろう」と話した。

 また「人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、ビッグデータなどの発展により、物理世界とデジタル世界の境界が崩れている。企業も垣根を越えて協業や共有を行うべき時」と提言した。

 三村会頭は、韓日両国ではそれぞれ2018年の平昌五輪と2020年の東京五輪が控えているとした上で、五輪を機に経済分野だけでなく文化・社会などの分野にまで協力を広げることを希望すると話した。

 韓日(日韓)商工会議所首脳会議は毎年、持ち回りで開催され、昨年は福岡で開かれた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。