Go to Contents Go to Navigation

韓日軍事情報協定 締結で近く妥結か=あす2回目協議

記事一覧 2016.11.08 11:43

【ソウル聯合ニュース】韓国と日本政府が9日、両国の軍事情報共有を可能にする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結に向けた2回目の実務協議をソウルで開催する。韓国の国防部が8日、明らかにした。

 今月1日の初協議に続き、協定の文言を中心に全体的な議論を行う。

 協議には両国の外務・防衛当局の課長級が出席する。

 韓国政府は先月27日、北朝鮮の核とミサイルに対応するため、日本とのGSOMIA締結に向けた交渉を再開すると発表した。両国は2012年6月にGSOMIAを締結する予定だったが、日本と密室で軍事協力を進めたとの批判が韓国内で噴出し、締結直前に延期になっていた。

 当時、両国は協定の文言を決めていたため、実務協議を迅速に進め、年内の締結を目指している。早ければ今月末か来月初めに締結できるとの見方も出ている。

 GSOMIAが締結されれば、両国は直接、軍事情報を共有できるようになり、実質的な軍事協力に向けた重要な基盤が整う。両国は現在、14年末に米国を含む3カ国間で交わした北朝鮮の核とミサイル関連の軍事情報を共有する覚書(MOU)に基づき、限られた範囲内で米国を通じ間接的に軍事情報を共有している。

 北朝鮮の核とミサイル情報だけでなく、潜水艦を含む北朝鮮の軍事的脅威全般に関する情報を幅広く共有できると期待される。韓国軍は日本の偵察衛星やイージス艦が収集した北朝鮮の核とミサイル情報を入手できる。

 ただ、安倍晋三首相が歴史認識問題で従来の立場を変えず、「戦争可能な日本」を目指しているとの指摘があり、日本とのGSOMIA締結は不適切との声も出ている。

 協定は国民の理解を求める手続きを経て締結することが望ましいため、朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)容疑者の国政介入疑惑に世論の関心が集まっている時期に軍事作戦のように協定の締結を推し進めているとの批判もある。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。