Go to Contents Go to Navigation

韓国海軍の潜水艦「李範ソク」が進水 独立運動家から命名

記事一覧 2016.11.08 17:20

【ソウル聯合ニュース】抗日武装独立闘争に献身し、後に政治家となった李範ソク(イ・ボムソク)氏の名を冠した韓国海軍の214型潜水艦(1800トン級)8番艦、「李範ソク」の進水式が8日、南部の慶尚南道・巨済で行われた。

214型潜水艦「李範ソク」の進水式=8日、巨済(聯合ニュース)

 海軍は国の難局を乗り切るために尽力したり、抗日独立運動に貢献したりした人物の名前を214型潜水艦の艦名としている。

 李氏は1900年にソウルで生まれ、日本による植民地時代に中国に亡命。20年には日本軍との青山里戦闘に指揮官として参戦し、勝利に寄与した。46年に帰国し、48年の韓国政府の樹立と同時に初代の首相兼国防部長官に就任。国軍の創設と養成に尽力した。

 「李範ソク」の水中速力は最大20ノット(時速37キロ)。敵の重要施設に対する長距離精密攻撃が可能な射程1000キロの潜対地巡航ミサイル(海星3)を搭載している。

 2018年前半に海軍に引き渡され、同年後半に作戦配備される予定だ。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。