Go to Contents Go to Navigation

トランプ氏「韓国の友人多い」 朴大統領「来韓を希望」=電話会談 

記事一覧 2016.11.10 17:00

【ソウル聯合ニュース】米大統領選で勝利したドナルド・トランプ氏は10日午前(日本時間)、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と電話会談し、「長年不動産事業をして家電製品など韓国製をたくさん購入したが、非常に素晴らしい製品だった」として、「韓国には多くの友人がいて、皆とても良い人たち」と述べた。

朴大統領(右)とトランプ氏=(聯合ニュース)

 両氏は同日午前9時55分から約10分間、会談した。トランプ氏は朴大統領に対し、「お会いすることを楽しみにしている」と述べた。

 韓国青瓦台(大統領府)が公表した電話会談の内容は以下の通り。

▼朴大統領:大統領選勝利に祝意を表する。不確実性が増している現在の国際情勢は米国の確固たるリーダーシップをさらに必要としている。トランプ氏の卓越した経験とリーダーシップにより、さらに強力で繁栄する米国と平和な世界をつくっていくことを期待する。

 韓米両国は60年以上にわたり同盟関係を発展させながら信頼を構築し、強力な韓米同盟はアジア太平洋地域の平和と繁栄の礎として、米国がこの地域で強いリーダーシップを発揮することに寄与してきた。 

 今後も緊密に協力し、共同の利益のため、さらに多様な分野で同盟関係を強化、発展させていくことを期待する。

 現在の韓米同盟が直面している最も深刻な挑戦は北の核とミサイルによる脅威だ。特に、北は米国の政権移行期に挑発を行い、新政権を試したことがあったことを踏まえ、数カ月間、北のこうした試みを徹底的に抑止し、もし挑発する場合は断固として対応できるよう、事前に緊密に協力しなければならない。

 北の指導部が核とミサイルに狂的に執着しているだけに、強力な圧力や制裁によって自身の意図通りにならないということを気付かせる必要があり、このため、韓米両国が緊密に協力していくことを望む。

▼トランプ氏:北朝鮮問題を含め、大統領の話に100%同意する。北朝鮮は非常に不安定で、米国は韓国と最後まで共に進む。(両国関係が)揺らぐことはない。

 長年不動産事業をし、家電製品など韓国製をたくさん購入したが、非常に素晴らしい製品だった。韓国には多くの友人がいて、皆とても良い人たちだ。

▼朴大統領:(トランプ氏は)域内の情勢について正確に把握している。心強い話に謝意を表する。今後、強力な対北抑止力を維持、強化していく中、北の指導部の考え方を変えるため、米国との連携を強固にしていきたい。

▼トランプ氏:同意する。米国は韓国と100%を共にし、北朝鮮の不安定さから(両国を)守るため、韓国と強力に連携する。

▼朴大統領:あらためて当選に祝意を表する。近いうちにお会いし、より踏み込んだ話し合いを行うことを期待する。近く韓国を訪問することを望む。

▼トランプ氏:大統領の話に感謝し、お会いすることを楽しみにしている。私は大統領と共にある。両国が共に進めば安泰だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。