Go to Contents Go to Navigation

朴大統領親友の側近の逮捕状請求 職権乱用容疑など=検察

記事一覧 2016.11.10 22:02

【ソウル聯合ニュース】朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領の親友の民間人女性、崔順実(チェ・スンシル)容疑者の国政介入疑惑を捜査している韓国検察は10日午後、崔容疑者の側近とされるチャ・ウンテク氏の逮捕状を請求したと発表した。職権乱用や共同強要、横領などの疑いが持たれている。チャ氏は8日、滞在先の中国から帰国し、検察の取り調べを受けている。

検察の取り調べ室に向かうチャ氏=10日、ソウル(聯合ニュース)

検察の特別捜査本部によると、チャ氏は昨年2月から今年3月にかけて、前青瓦台(大統領府)政策調整首席秘書官の安鍾範(アン・ジョンボム)氏(逮捕済み)と共謀し、自らの側近を通信大手KTの役員に就任させ、自身が実質的に支配する会社をKTの広告代理店にした職権乱用・権利行使妨害の疑いが持たれている。チャ氏は民間人だが、安容疑者と共謀したとして同容疑が適用された。

KTは現代自動車グループとともにチャ氏に広告を一括発注した疑惑が取り沙汰されている。検察はKTの役員だったチャ氏の側近がなんらかの役割を果たしたとみている。

これまでチャ氏と安容疑者の人事強要などが指摘されてきたが、検察は踏み込んだ捜査のために逮捕状を請求した。安容疑者にも関連容疑を追加で適用するという。

またチャ氏は昨年3月から6月にかけて、韓国コンテンツ振興院の元院長、宋星ガク(ソン・ソンガク)氏などと共謀しポスコ系列の広告会社の株式を不正に入手しようとした疑いや、2006年1月から今年10月まで自身が運営していた広告会社の運営資金、約10億ウォン(約9200万円)を横領した疑いなども持たれている。

チャ氏は崔氏の影響力などを利用し、政府の文化政策を仕切っていたとされている。崔氏が中心となって国政を議論したとされる集まりの主要メンバーとして活動したとされており、国政介入疑惑についても厳しい取り調べが行われる見通しだ。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。