Go to Contents Go to Navigation

韓国入りした脱北者 3万人突破=今年は前年比18%増

記事一覧 2016.11.13 15:40

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部は13日、国内に入った北朝鮮脱出住民(脱北者)が計3万人を超えたと明らかにした。

同部によると、脱北者7人が11日に第三国経由で韓国入りし、脱北者の合計は3万5人となった。

 脱北者は1962年6月に初めて韓国入りしてから2006年2月に1万人、10年11月に2万人を超えた。

 年間の脱北者数は09年に2914人まで増えたが、北朝鮮当局の取り締まりや処罰強化などの影響で11年が2706人、12年が1502人、13年が1514人、14年が1397人、昨年は1275人と減少傾向だ。

 ただ、今年1~10月の脱北者数は1155人で、前年同期比で約18%増えた。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の恐怖政治や国際社会の制裁強化などが背景にあるとみられる。このところは海外に派遣されたエリート層や外貨稼ぎを担う労働者の脱北が急増している。

 性別では02年から女性が男性を上回り、今年10月末時点では全体の71%が女性となっている。今年は脱北者の80%以上が女性だった。統一部は北朝鮮で「チャンマダン」と呼ばれる民間市場での活動などにより男性より女性の移動が自由なためと分析している。

 年齢別では20~30代が58%と、全体の半数を超えている。

 同部は脱北者が3万人を超えたことを受け、今月中に社会統合型の定着支援対策を発表する。脱北者の社会参加を促し、雇用機会を増やすほか、学校適応支援を強化する内容が盛り込まれるとされる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。