Go to Contents Go to Navigation

与野党議員 特別検察法案と調査要求書を国会に提出=韓国

記事一覧 2016.11.16 12:03

【ソウル聯合ニュース】韓国与野党の国会議員が朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)容疑者の国政介入疑惑の真相究明を求め、特別検察官制度導入などに関する法案と国政調査の要求書を国会に提出した。

与野党は14日に特別検察官制度導入と国政調査実施に合意した=(聯合ニュース)

 国会によると、与党セヌリ党、最大野党「共に民主党」、野党「国民の党」「正義党」の各院内代表と191人の与野党議員は15日に国政調査の要求書を提出した。また、共に民主党の院内代表が代表発議し与野党議員209人が署名した特別検察官制度導入に向けた法案も国会に受け付けられた。

 特別検察官制度は捜査に影響を与えることのできる政府の高官らが捜査対象になった場合に与野党の合意で導入されるもので、捜査範囲に制限がなく政府から独立して独自に捜査できる。

 国会法制司法委員会は16日に同法案を審議する予定だ。早ければ17日の国会本会議と22日の閣議を経て官報に掲載されれば施行となる。ただ、委員会での審議や本会議での処理の段階でセヌリ党の主流派が反発し、難航する可能性もある。セヌリ党の代表らは同法案と国政調査要求書に署名していない。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。