Go to Contents Go to Navigation

慰安婦財団 被害者23人に現金支給=韓国

記事一覧 2016.11.16 20:28

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題をめぐる昨年末の韓日合意に基づき日本政府が拠出した10億円を活用し、被害者23人に対し現金が支給されたことが16日、分かった。

 被害者を支援するため韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」 と女性家族部によると、1人当たり1億ウォン(約930万円)が支給された。

 和解・癒やし財団は10億円の約8割を被害者に現金で直接支給し、残り約2割は財団の目的に沿って被害者の追悼など象徴的な事業に用いる計画だ。

 昨年末の合意時点で存命の被害者46人のうち29人が財団の方針を受け入れる意向を示した。まだ現金が支給されていない6人についても、受け取りの意思を再確認するなど支給に向けた手続きが行われている。

 同財団の関係者は「現金受け取りの意向を表明した被害者には年内に支給を終える方針だ」と説明した。

 財団側は近く別の被害者2人と面談し、意思を確認する予定だ。また、被害者を支援する韓国の市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」と社会福祉法人「ナヌムの家」の施設で暮らす被害者との面談も推進中だという。これらの施設で暮らす被害者は財団の方針に反対している。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。