Go to Contents Go to Navigation

聯合ニュース 平昌五輪向け新たなニュース交流を提案

記事一覧 2016.11.17 09:32

【バクー聯合ニュース】韓国国家基幹ニュース通信社の聯合ニュースは16日、アゼルバイジャンの首都バクーで始まった第5回ニュース通信社世界大会(NAWC)で、2018年に韓国で開催される平昌冬季五輪に向け独自開発に取り組んでいるニュース交流のプラットフォーム「平昌ニュースサービスネットワーク」(PNN)を紹介した。

PNNを紹介する聯合ニュースの朴魯晃社長(左端)=16日、バクー(聯合ニュース)

PNNを紹介する聯合ニュースの朴魯晃社長(左端)=16日、バクー(聯合ニュース)

 聯合ニュースは平昌五輪の主管通信社。五輪関連ニュースを世界各国の通信社とリアルタイムで共有するためPNNの開発を進めている。来年、開発を完了する計画だ。

 世界の通信社がリアルタイムのニュース交流を行う場合、個別に取り決めを交わしソフトウエアなどを新たに開発しなければならない。しかし、PNNに加入した通信社は、聯合ニュースをはじめ他の加入社のコンテンツもリアルタイムでやり取りすることができる。

参加者と会話を交わす朴社長(右)=(聯合ニュース)

参加者と会話を交わす朴社長(右)=(聯合ニュース)

 PNNは平昌五輪のために開発されたが、五輪後も各国のニュース交流の場として活用が可能だ。これが定着すれば、世界各地の通信社のコンテンツを全世界でリアルタイム共有できるようになる。

 この日パネリストとして出席した聯合ニュースの朴魯晃(パク・ノファン)社長は、「各地域でニュースのハブの役割を担う通信社がニューメディア時代の課題を解決するには、効果的に協力する必要がある」と強調。PNNがそうした協力の基盤になるだろうと述べた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。