Go to Contents Go to Navigation

朴大統領の支持率下落に歯止めかからず 78%「対面聴取を」

記事一覧 2016.11.17 14:20

朴大統領の支持率下落に歯止めかからず 78%「対面聴取を」

どうなる?大統領への捜査
聴取の延期求める
パリでも朴大統領退陣求める集会
ソウルで集会 100万人以上が参加

【ソウル聯合ニュース】韓国世論調査会社のリアルメーターが17日発表した調査結果によると、朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率は9.9%で、前週に比べ1.6ポイント低下した。同社の調査で支持率が1けたに落ちたのは2013年2月の朴大統領の就任後、初めてとなる。不支持率は2.0ポイント上昇し85.9%と過去最高を更新した。

朴大統領=(聯合ニュース)

 調査は14日から16日にかけ全国の成人男女1525人を対象に実施された。朴大統領の地盤である南東部の大邱・慶尚北道では支持率が19.8%と大幅に反発したものの、ほぼ全ての地域、年齢層で不支持が圧倒的に多かった。

朴大統領に憤り

 朴大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)容疑者の国政介入などの疑惑に絡み、検察が朴大統領を参考人聴取する方針であることについて、対面聴取をすべきだと回答した人は78.2%に達し、書面聴取すべきとの回答(15.3%)を大幅に上回った。

朴大統領退陣を要求

 また、朴大統領の去就について、辞任または弾劾を求めた人が73.9%と、前週に比べ13.5ポイント上昇した。

 一方、政党支持率は与党セヌリ党が1.0ポイント下がり18.2%、最大野党「共に民主党」も1.5ポイント下落の30.5%だった。これに対し、野党第2党「国民の党」は共に民主党とセヌリ党の不支持に回った有権者を取り込み、1.7ポイント上昇の17.0%となった。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。