Go to Contents Go to Navigation

韓国法相が辞意表明 大統領捜査に負担か

記事一覧 2016.11.23 13:57

【ソウル聯合ニュース】韓国の金賢雄(キム・ヒョンウン)法務部長官が辞意を表明したことが23日までに分かった。

金賢雄・法務部長官=(聯合ニュース)

 法務部によると、金長官は21日に「現在の状況では辞任することが道理」とし、朴槿恵(パク・クネ)大統領に申し出た。

 朴大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件で、朴大統領が検察の捜査を受けることになった事態に対し責任を取るとの意味と受け止められる。辞表はまだ受理されていないという。

 検察は20日の中間捜査結果発表で、朴大統領も事実上「共謀した」とし、憲政史上初めて現職大統領を容疑者として立件したとした。朴大統領側は検察の発表を強く批判し、対面聴取を拒否するなど反発した。

 金長官は検察組織トップの法務部長官として、一連の状況に負担を感じたのではないとの見方が出ている。

 一方、青瓦台(大統領府)によると、崔在卿(チェ・ジェギョン)民政首席秘書官も辞表を出した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。