Go to Contents Go to Navigation

バイアグラ大量購入は「高山病対策」=韓国大統領府

記事一覧 2016.11.23 17:57

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の鄭然国(チョン・ヨングク)報道官は23日、青瓦台が昨年12月に性的不能治療薬の「バイアグラ」60錠を購入したとの報道について、「(大統領の)アフリカ歴訪の際、(随行職員らの)高山病の治療のために用意したが、使ったことはなく、そのまま残っている」と明らかにした。

青瓦台(資料写真)=(聯合ニュース)

 鄭報道官は「バイアグラは勃起不全治療剤でもあるが、高山病の治療剤でもある」と説明した。その上で、「高山病の予防薬としてはアセタゾラミドがあるが、南米とアフリカ歴訪の際に持って行き、警護員らに支給された」として、「南米歴訪ではアセタゾラミドのみを持って行って苦労をしたそうだ。そのため、アフリカ歴訪では予防用であり治療用であるバイアグラも持参した」と述べた。

 薬品は主治医が高山病などに関する諮問を受け、用意したという。

 朴槿恵(パク・クネ)大統領は今年5月、エチオピアやウガンダ、ケニアのアフリカ3カ国を訪問した。3カ国の首都は海抜1000~2000メートルの高原に位置している。

 鄭報道官は「青瓦台の医薬品購入についてとんでもない疑惑が続いている」として、「刺激的な報道が相次いでいる。自制を求めたい」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。