Go to Contents Go to Navigation

WTO上級委員に元韓国通商交渉本部長

記事一覧 2016.11.24 08:53

【ジュネーブ聯合ニュース】世界貿易機関(WTO)の上級委員に韓国の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)韓国外国語大教授(57)が選ばれた。任期は来月1日から。韓国の委員が1期目の任期を終えた後、空席となっていたが、再び韓国から委員を出すことになった。

金鉉宗氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 WTOの上級委員会はWTO紛争処理の最終審にあたり、7人の委員で構成される。任期は4年で、2期まで務めることができる。

 このうち2人が空席だったが、23日(現地時間)に開かれた紛争解決機関(DSB)会議で、金氏と中国の委員が選ばれた。

 金氏は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で民間から初めて政府の通商交渉本部長に起用され、韓米自由貿易協定(FTA)を締結に導いた。その後、韓国国連大使も務めた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。