Go to Contents Go to Navigation

朴大統領 特別検察官の推薦依頼書を承認=国会に送付へ

記事一覧 2016.11.24 12:24

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は24日、自身と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告が絡む国政介入事件などの解明を担う特別検察官の候補の推薦依頼書を承認した。青瓦台(大統領府)が伝えた。

韓国大統領府=(聯合ニュース)

 青瓦台はこの日、国会に依頼書を送付し、野党に特別検察官候補2人の推薦を正式に要請する。

 検察とは別に、政府高官絡みの事件などの捜査を行う特別検察官の任命に関する法(特検法)は22日に閣議決定され、朴大統領が承認した。

 最大野党「共に民主党」と第2野党「国民の党」は5日以内に特別検察官候補2人を大統領に推薦し、大統領はそれから3日以内に1人を任命する。任命された日から20日間、準備作業を行い、準備期間が終わった日から70日以内に捜査を終了し、裁判にかけるかどうかを決める。大統領の承認を得て、1回に限り捜査期間を30日延長できる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。