Go to Contents Go to Navigation

日本との軍事情報協定 「必ず必要」=韓国軍制服組トップ

記事一覧 2016.11.24 15:24

【ソウル聯合ニュース】韓国軍制服組トップの李淳鎮(イ・スンジン)合同参謀本部議長は24日、日本と締結した軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、「高度化している北の核とミサイルによる脅威を考慮した際、軍事的な効用の面から必ず必要」と強調した。

李淳鎮・合同参謀本部議長(資料写真)=(聯合ニュース)

 国防部の全軍主要指揮官会議後に開かれた合同参謀本部作戦指揮官会議で述べた。

 両国は23日、協定に署名し、即日発効した。協定により、両国は北朝鮮の核とミサイル情報を含む2級以下の軍事機密を共有できるようになった。

 李氏は「軍はいかなる状況でも敵の挑発を防ぎ、敵が挑発する場合は強力かつ断固として対応しなければならない」と述べた。

 作戦指揮官会議には各軍の作戦司令官ら約100人が出席し、北朝鮮の今年の軍事活動を分析したほか、予想される北朝鮮の戦略・戦術的な挑発の可能性について議論した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。