Go to Contents Go to Navigation

日本との軍事情報協定 韓国政府「安保情勢に影響しない」

記事一覧 2016.11.24 16:31

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は24日の定例会見で、前日に日本と締結した軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、基本的に締結国間の軍事情報保護のための手続きを規定する協定だとした上で、「(北東アジアなど朝鮮半島周辺の)地域内の安全保障情勢に影響を与えないと判断している」と述べた。

趙俊赫報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

 趙報道官はまた、韓国政府はすでに米国やロシアを含め32カ国と軍事情報保護に関する協定・約定を結んでおり、中国に対しても2012年に続き今年10月にも締結を再提案したと伝えた。

 韓国国内では、日本との軍事情報の共有が朝鮮半島の安全保障リスク要因になりかねないとの懸念が根強い。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。