Go to Contents Go to Navigation

脱北者3万人時代 新たな支援策発表=韓国政府

記事一覧 2016.11.27 16:21

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は27日、北朝鮮脱出住民(脱北者)の「社会統合型」の定着に向け、雇用拡大を柱とする支援策を発表した。

韓国統一部=(聯合ニュース)

韓国統一部=(聯合ニュース)

 韓国に入った脱北者が今年11月に3万人を突破したことを受けたもの。まず、脱北者の社会進出を支援するため、中央行政機関や地方自治体、公共機関で脱北者の雇用を拡大する。民間企業にも脱北者の採用を促す方針だ。

 生活安定と自立に向けた支援金も引き上げる。現在は1人当たり定着金700万ウォン(約67万円)と1300万ウォンの住居支援金を支給している。今後、物価上昇率などを反映して段階的に引き上げる方針だ。政府当局者は「引き上げは財政当局と協議し、2018年の予算から反映する」と話した。

 このほか、教育、就職、結婚、養育、家計など、韓国生活への適応に向けた支援を専門家と共に行う計画だ。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。