Go to Contents Go to Navigation

THAADの韓国配備は変わりなく推進=米国防総省

記事一覧 2016.11.30 08:43

【ワシントン聯合ニュース】米国防総省のクック報道官は29日(米東部時間)の記者会見で、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の進退が米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備に及ぼす影響について問われ、「できるだけ速やかにTHAADを配備しようとするわれわれの努力は続く」と答えた。

グアムの米軍基地に配備されたTHAAD発射機(提供写真)=(聯合ニュース)

グアムの米軍基地に配備されたTHAAD発射機(提供写真)=(聯合ニュース)

 同報道官は現時点でその計画にどのような変化があるかは分からないとしながらも、「THAAD配備は現在進行中で、韓米同盟はその計画を引き続き推し進めていく」と強調した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。