Go to Contents Go to Navigation

与党執行部 朴大統領に「4月退陣」への立場表明要求

記事一覧 2016.12.05 11:19

【ソウル聯合ニュース】韓国与党セヌリ党は5日、党の方針として掲げる「朴槿恵(パク・クネ)大統領の来年4月末退陣・6月末大統領選実施」について、朴大統領に立場を表明するよう求めることを決めた。

セヌリ党最高委員会議の模様=5日、ソウル(聯合ニュース)

 同党の金成願(キム・ソンウォン)報道官によると、朴大統領に近い李貞鉉(イ・ジョンヒョン)代表など党執行部はこの日、党本部で最高委員会議を開き、こうした方針を決めた。執行部の決定は直ちに青瓦台(大統領府)の政務担当関係者を通じ、伝えるという。

 金報道官は、ろうそくを持って週末ごとに大規模集会を行っている国民の気持ちを重く謙虚に受け止めると述べた上で、「責任ある政権与党として政治の混乱を最小化するため、国の長老が提示し、党の方針として決めた早期退陣のスケジュールに対する青瓦台の立場表明を求めることにした」と説明した。

 一方、執行部の弾劾案採決(9日)への参加は何も決まっていないとした。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。