Go to Contents Go to Navigation

朴大統領 「来年4月退陣」受け入れの意向=大統領府秘書官

記事一覧 2016.12.05 20:15

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の許元斉(ホ・ウォンジェ)政務首席秘書官は5日、与党セヌリ党が方針として掲げる「朴槿恵(パク・クネ)大統領の来年4月末退陣・6月末大統領選実施」について、朴大統領が受け入れる立場を示したと伝えた。

許元斉政務首席秘書官=5日、ソウル(聯合ニュース)

 国会で開かれた朴大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件をめぐる国政調査で、セヌリ党の方針に対する朴大統領の立場を問う同党議員からの質問に答えた。

 許氏は「朴大統領はセヌリ党の一員として党の決定を受け入れる意向を明らかにした」と述べた。

 「来年4月に退陣すると理解すればいいのか」との質問には、「党の方針に従うという言葉にはそのような意味も含まれていると考えてよいだろう」と答えた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。