Go to Contents Go to Navigation

韓国軍内部のネットワークをハッキング 北朝鮮か 

記事一覧 2016.12.06 08:37

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の関係者は5日、「国防ネットワークの一部のコンピューターで不正プログラムによる感染が識別された」と明らかにした。軍事機密を含む一部の資料が流出したことが確認されており、「北の仕業と推定される」という。

軍内部のネットワークがハッキングされていたことが分かった。ハッキングのイメージ=(聯合ニュースTV)

 軍当局は、国軍サイバー司令部のウイルス対策サーバーが9月にハッキングされたという野党議員の指摘を受け、これを調査した。その際に内部ネットワークまで侵入されていた事実が確認されたとされる。

 サイバー司令部がハッキングされるのは2010年1月の部隊創設後、初めて。これまでは「内部の国防ネットワークはインターネットと切り離されており安全だ」と説明していた。

 軍当局はどのような資料が流出したか、具体的に確認できていないようだ。万一ハッキングで韓国軍の作戦計画まで北朝鮮に漏れたとすれば、作戦を新たに立て直すなどの対応に迫られると懸念する声もある。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。