Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害者が死去 生存者39人に=韓国

記事一覧 2016.12.07 08:47

【南海聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦だったパク・スクイさんが6日、死去した。1923年、韓国南部の慶尚南道・南海生まれ。体調を崩し、昨年から南海郡内で入院していた。

パクさんが暮らした南海に昨年8月、慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」が設置された(資料写真)=(聯合ニュース)

パクさんが暮らした南海に昨年8月、慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」が設置された(資料写真)=(聯合ニュース)

 パクさんは16歳のころ、海岸で貝採りをしていた時に旧日本軍に連れて行かれた。名古屋経由で中国・旧満州に移され、7年間にわたり慰安婦としての生活を強いられた。

 1945年の日本による植民地支配からの解放(光復)後もすぐに帰国することができず、さらに7年間旧満州にとどまった後、故郷に戻った。

 これで韓国政府に登録されている慰安婦被害者238人中、存命者は39人に減った。

 一方、南海郡は昨年8月15日の光復節70年に合わせ、郡内で慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」の除幕式を行った。パクさんを見舞った郡守(郡の首長)が少女像の設置を推進した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。