Go to Contents Go to Navigation

韓国軍へのサイバー攻撃 軍当局「北の犯行と推定」

記事一覧 2016.12.07 16:46

【ソウル聯合ニュース】韓国の国軍サイバー司令部のピョン・ジェソン司令官は7日、国会情報委員会の懇談会で、韓国軍の内部ネットワークがサイバー攻撃を受け軍事資料が流出したことについて「北の犯行と推定される」と述べた。攻撃に使われたIPアドレス(ネット上の住所)やハングルのキーボードの使用形跡などをその理由に挙げた。同委員会の関係者が伝えた。

韓国軍の内部ネットワークへのサイバー攻撃は北朝鮮の犯行とみられるという。写真はイメージ=(聯合ニュース)

 ピョン司令官はまた、このサイバー攻撃により軍のインターネット用パソコン約2500台、内部ネットワーク用パソコン約700台の計約3200台が不正プログラムに感染したとし、「その中には機密も一部保存されている」と報告した。この件の調査に1カ月ほどかかると説明したという。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。