Go to Contents Go to Navigation

操業停止の開城団地 企業・労働者への追加支援決定=韓国

記事一覧 2016.12.08 11:52

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部は8日、北朝鮮の4回目の核実験を受け、操業を全面中止した南北経済協力事業・開城工業団地の入居企業と労働者への追加支援を決めた。

韓国統一部=(聯合ニュース)

 投資資産被害の支援金として51億ウォン(約5億円)、労働者への慰労金として15億ウォンを割り当てた。

 同部は5月末、5200億ウォン規模の支援対策を発表。今月6日までに開城団地の入居企業に被害支援金として計4652億ウォンを支給した。

 また、団地の駐在員として確認された783人に対し、6カ月分の賃金を慰労金として支給している。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。