Go to Contents Go to Navigation

韓中の6カ国協議代表が会談 北朝鮮問題など協議

記事一覧 2016.12.09 22:08

【北京聯合ニュース】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の韓国首席代表を務める金ホン均(キム・ホンギュン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長は9日、中国首席代表の武大偉朝鮮半島問題特別代表と北京で会談し、国連安全保障理事会が先月採択した新たな対北朝鮮制裁決議を誠実に履行することで一致した。

 会談では、北朝鮮核問題や北朝鮮問題に関する今後の韓中間の協力についても意見交換が行われた。

 金氏は、安保理の新たな制裁決議採択の過程で中国側が傾けた努力を評価した。また、安保理決議の徹底的な履行が何よりも重要だとした上で、中国側が引き続き建設的な役割を果たすよう要請した。

 中国側は安保理常任理事国として新たな制裁決議を着実に履行する方針を示した。

 双方は、北朝鮮の核保有に反対し、いかなる状況でも北朝鮮を核保有国として認めないというこれまでの立場を再確認した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。