Go to Contents Go to Navigation

韓日の観光関係者が交流会開催へ 相互交流1千万人目標

記事一覧 2016.12.12 16:57

【慶州聯合ニュース】韓国観光公社と日本旅行業協会(JATA)が13日、韓国南部、慶尚北道慶州市内のホテルで「韓日観光交流の夕べ」を開催する。

 同行事は両国の観光交流の不均衡を解消し、年間観光客相互交流1000万人の早期実現を目指すためのもので、両国の観光関連機関や関係者約200人が参加し、観光の活性化と交流の協力策について議論する。

 現在、韓国から日本への訪問客数は年間約500万人である一方、日本から韓国への訪問客は約230万人にとどまっている。これを500万人以上に引き上げ、韓国の観光産業を活性化する目的もある。

 行事では韓国の観光地の広報映像上映や歓迎夕食会が行われ、新羅をテーマにしたパフォーマンス「SILLA」も披露される。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。