Go to Contents Go to Navigation

ハッキング対策発表  北朝鮮の攻撃に対応=韓国国防部

記事一覧 2016.12.12 17:54

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は12日、軍の内部専用ネットワークがハッキングされていた問題について国会国防委員会に提出した資料で、「北の進化するハッキング技術に対する防御システムの構築や管理が不十分だった」とした上で、「今後は新しいウイルス対策システムに全面的に交換する」と報告した。

 また資料が流出した場合も使用できないよう、暗号化するシステムを強化すると説明した。国防部関係者は「現在も暗号化されているが、レベルを引き上げる」と述べた。

 国防部は今後の対策として、国軍サイバー司令部や各軍のサイバー組織を拡充することや韓国軍の専用ウイルス対策システムの開発などを挙げた。

 また北朝鮮のハッカーの立場で、韓国のシステムにどのような弱点があるのかを捜す「サイバーハンター」を常時運営することを決めた。軍関係者は「現在、サイバーハンターは訓練の時だけ活動しているが、これを拡大運営する」と話した。

 韓国国防部の関係者は5日、「国防ネットワークの一部のコンピューターで不正プログラムによる感染が識別された」と明らかにした。軍事機密を含む一部の資料が流出したことが確認されており、「北の仕業と推定される」という。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。