Go to Contents Go to Navigation

鳥インフル拡大阻止へ 防疫規則違反などに厳罰=韓国大統領代行

記事一覧 2016.12.14 11:37

鳥インフル拡大阻止へ 防疫規則違反などに厳罰=韓国大統領代行

非常事態 鳥インフルの点検会議

【ソウル聯合ニュース】韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相は14日、感染が急拡大している鳥インフルエンザに関する点検会議に出席し、「防疫規則を守らなかったり道徳性に欠ける行為をしたりした場合も厳しく処罰し、感染拡大の防止へあらゆる努力を尽くしてほしい」と呼びかけた。

卵が値上がり
徹底した防疫を求める黄大統領権限代行首相=14日、(聯合ニュース)
動物園も防疫強化

 黄氏は家禽(かきん)飼育農場関係者や防疫担当の公務員が防疫規則の順守を徹底しなかったため鳥インフルエンザを拡大させた懸念があるとして、拠点消毒施設の未設置や農場出入り車両の洗浄・消毒の不履行などを具体的に挙げた。鳥インフルエンザ感染が確認された農場で、感染疑いを届け出る直前に鶏と鶏卵が出荷された事例もあるという。これらを踏まえ、黄氏は農林畜産食品部に対し、速やかに実態調査と必要な措置を実施するよう指示した。

 点検会議は前日の黄氏の指示で、農林畜産食品部を中心に関係官庁と民間専門家が出席して毎日開かれる。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。