Go to Contents Go to Navigation

平昌五輪のフィギュア会場が正式オープン 

記事一覧 2016.12.14 19:05

平昌五輪のフィギュア会場が正式オープン 

平昌五輪の新種目ビッグエア

【ソウル聯合ニュース】2018年に韓国で開催される平昌冬季五輪でフィギュアスケートとスピードスケートのショートトラックの会場となる江陵アイスアリーナが14日、正式オープンした。

平昌五輪開催のスキー場 オープンへ
完成した江陵アイスアリーナ=14日、江陵(聯合ニュース)
五輪成功願い 2018人が一つに

 同アリーナは2014年6月に着工し、約1年6カ月でオープンに至った。

 同アリーナでは16~18日、ショートトラックのワールドカップ(W杯)第4戦を兼ねたテスト大会が開催される。オープン初日のこの日には大会出場選手による練習が行われた。

IOC調整委 平昌五輪会場視察

 ソチ冬季五輪のショートトラック女子1500メートルで銀メダルを獲得した沈錫希(シム・ソクヒ)選手は「氷質が良い。観客席などの施設もすばらしい」と評価した。

 ショートトラック男子の元韓国代表でロシアに帰化し、ロシア代表に選ばれたビクトル・アン(韓国名:安賢洙=アン・ヒョンス)選手も「氷質が良いようだ。競技を行うのに問題ない」と話した。

 江陵アイスアリーナは地下2階、地上4階建てで、延べ床面積は3万2399平方メートル、観覧席は1万2000席設置された。

 先月26日に落下する事故のあった電光掲示板は新たに設置することができず、テストイベントでは臨時の電光掲示板4台を使用するという。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。