Go to Contents Go to Navigation

韓国のEEZで北朝鮮船舶3隻救助 船員8人は帰還希望

記事一覧 2016.12.15 15:41

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は15日の記者会見で、今月11日と12日に東海の韓国側排他的経済水域(EEZ)で漂流していた北朝鮮の船舶3隻を発見し、船員8人を救助したと明らかにした。3隻は故障、中国漁船との衝突、えい航ロープの切断が理由で漂流していたことが確認されたという。

操業中の北朝鮮漁船(資料写真)=(聯合ニュース)

 船員は全員、北朝鮮へ戻ることを希望している。鄭報道官は、気象状況などを踏まえ、19日午前に北朝鮮側に引き渡す予定だと伝えた。

 船員らは、故障した船で食糧と水が足りない状態で長い場合は3カ月ほど漂流していたとされる。10人近くの餓死者が出たという。

 鄭報道官は、北朝鮮の船舶3隻を一度に救助するという異例の事態が起きたことについて、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が先ごろ冬季の漁業を奨励したためとの見方を示した。水産業は北朝鮮の主要な外貨稼ぎの手段となっている。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。