Go to Contents Go to Navigation

韓国と日本 軍事協定後初めて北朝鮮の核関連情報共有

記事一覧 2016.12.16 18:10

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は16日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)発効後初めて、北朝鮮の核・ミサイルに関する情報を共有したと発表した。

DTTに出席した柳室長(中央)と前田局長(左、国防部提供)=16日、ソウル(聯合ニュース)

 ソウルで開催された米国、日本との防衛実務者協議(DTT)に合わせて行われた日本との2国間協議で、GSOMIAに基づき、北朝鮮情報の共有があったという。

 ただ、共有した情報の内容については、「公開しないことで日本と合意した」とし、明らかにしなかった。

 2国間協議には韓国から柳済昇(リュ・ジェスン)国防政策室長、日本から前田哲・防衛政策局長が出席した。

 両国のGSOMIAは先月23日に発効した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。