Go to Contents Go to Navigation

韓国次期大統領選候補の支持率調査 文氏と潘氏が接戦

記事一覧 2016.12.19 15:03

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案が国会で可決され、次期大統領選の早期実施が予想される中、有力候補のうち、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表と潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が支持率でトップ争いを繰り広げている。

左から文氏、安氏、潘氏、李氏=(聯合ニュース)

 韓国世論調査会社のリアルメーターが12~16日、全国の成人2528人を対象に実施した調査結果によると、文氏の支持率は前週より0.6ポイント上昇して23.7%となり、7週連続で首位を維持した。潘氏は1.7ポイント上昇の20.5%で、7週ぶりに20%台を回復し、文氏を追い上げている。

 ソウル近郊・城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長は1.3ポイント下落の14.9%となり、支持率の連続上昇は4週で止まった。第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)前代表が8.3%で4位だった。

 政党支持率は共に民主党が1.8ポイント上昇の37.7%となり、前身の民主統合党が記録した最高支持率(41.0%)に次ぐ高水準となった。与党セヌリ党は17.2%、国民の党は12.2%だった。

 弾劾訴追案が可決され、朴大統領の職務が停止されたため、朴大統領の支持率調査はなかった。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。